殺虫

ねずみの生態と退治方法

house

日本には森林に生息する代表種としてヒメネズミ、アカネズミ、人の生活圏に適応したハツカネズミ、ドブネズミ、クマネズミなどが生息している。ねずみ退治は人の生活圏に適応した3種について主に実施される。これらの種は生態的な特徴が異なるため、その特徴に合わせた退治方法が必要となる。

» 読んでみよう

害獣駆除の注意点

鳥獣保護法と動物愛護法

最近、里山近くの町で、イタチが頻繁に出没するようになって困った事例が報告されています。イタチは、普通に野山に生息する野生動物で、ネズミなどの害獣を捕食します。ですから、本来は益獣と言える存在なのです。しかし、肉食性と同時に雑食性にも富んでいて、人の家に侵入して食べ物を漁る行動を見せたりします。直ぐにも駆除ないし撃退したいところですが、野生動物はむやみに殺したりはできません。鳥獣保護法と動物愛護法によって守られる存在だからです。迷惑行為が重なり、撃退も難しいとされる場合は、地元自治体に駆除申請ができます。ただ、そのためには、詳細な被害状況を報告する義務があります。さらに、出没する個体数についても、しっかり情報を掴んでおくことです。

捕獲と追い出し

イタチを駆除していくためには、幾つかの方法があります。一番よく使われるのは罠を仕掛ける方法です。猟銃を使った駆除は、街中ではお勧めできません。イタチの出そうな場所に罠を仕掛けるのが一般的です。しかし、イタチは学習能力に優れていて、罠の存在を覚えると掛かりにくくなります。そこで、捕獲するのではなく、家庭犬を使って撃退する方法も考案されました。犬は、一か月ほどの訓練を行えば、イタチを追い詰めるようになります。さすがのイタチも、吠える犬は恐ろしいと見えて、里山から出てこなくなります。犬を訓練して放し飼いにするだけなので、最も手間いらずの撃退方法です、今のところ、この方法が最も効果的と言われています。

業者に依頼するのがお得

house

近年スズメバチの被害が増えてきています。もしスズメバチの巣を自宅で発見したら、専門業者に依頼するほうが良いでしょう。駆除内容や料金を確認して良心的な業者を選ぶようにすれば、自分でリスクを犯して行うよりも安心で素早く駆除できます。

» 読んでみよう

アシナガバチの生態と対処

作業員

アシナガバチは非常に攻撃性が高い種であり、巣も分かりにくい場所に営巣することから、人的被害しばしばおこる。アシナガバチ駆除を行ってくれるヒメスズメバチという種も存在するが、幼虫を専ら食し、成虫は捕食しない性質をもっている。

» 読んでみよう